ぽぽすこ行進曲

新卒社会人がだらだらと吐き出す雑記ブログ

尿検査に3回連続蛋白プラスで引っかかって腎臓に管ブッ刺されそうになった 中編

ぽぽすこです。

 

ごめんなさいね、俺の小便の話がまさかの3部構成で。

 

俺もまさかこんな長話になるなんて思わなかった。

 

 

病院に行くのを忘れる

 

俺がショック(?)で胃腸炎になっててんやわんやした結果、俺含めて家族全員尿検査引っかかったことなんてすっぽり忘れた。

 

ニワトリか?おい。

 

散々笑ってハイおしまい、か??

 

かー!!!!!!冷たいねー!!

 

 そして時期は初夏から秋へ移り変わる。

 

ちなみに夏休みはこれと言って楽しいイベントは無かった。

 

おっかし~な~~~~。

 

夏休み入る前のホームルームで先生が

 

「高1の夏休みなんて絶対楽しいじゃん」

 

みたいなこと言ってたんだけどな~~~~~~。

 

f:id:graccage:20180719163854p:plain

 

でも今なら分かるよ。自分から動かなきゃダメだよね。

 

待ちの姿勢じゃアカンよね。やっぱり積極性がないとダメなわけよ。

 

だから高校で彼女の一人もできねーんだよ。(2回目)

 

うるせーな!!今それ関係なくない!?

 

こうしてアツい夏は終わった。今何の話してるんだっけ??

 

学校から早く病院行ってって言われる

 

それはまた朝読書の時間。

 

しかし今度は廊下に呼ばれることはなく、先生が通り過ぎざまに俺の机に一枚の手紙をスッと置いた。

 

ピラ、と手紙を見てみると

 

『病院行ってないでしょ?早く行って♡』的な内容が書かれていた。

 

俺「あっヤベ

 

先生の顔を盗み見ると「いつまでお前のおしっこ事情に付き合わせんの?」みたいな表情をしていたと思う。

 

いや、絶対してたね。

 

オーケー、ちゃんと行こう。自分のおしっことちゃんと向き合おう。そう決意を改めた朝だった。

 

追い返される

 

善は急げ(ちょっと違う)、ということで翌日、俺は家の近くの必尿器科のある医者に行った。

 

ひとまず身長体重を測って待合室で待ち、しばらくすると俺の名前が呼ばれたので診察室に。

 

医者「ごめん、市民病院行って

俺「……マジ?」

医者「マジ」

 

なんだかいよいよ大変なことになってきたな、と。

 

さすがにちょっとガチなやつじゃないか、と。

 

俺も親もそう思わざるをえなかった。だって市民病院ってアレだぜ?

 

メチャクチャデカいんだぜ?

 

いざ、市民病院へ

 

紹介状を書いてもらったのでそのまま市民病院へ。

 

院内で尿検査をして結果を待つことに。

  

医者「蛋白+3ね。多いねこれ」

 

やっぱり引っかかってた。

 

俺「はあ」

 

 とは言われたもののイマイチそのヤバさとか分からなかった。

 

でも、ちょっと考えて。

 

タンパク質って大事な栄養素だよね。 それが老廃物のおしっこから検出されんのってヤバくない?排しちゃダメなやつ排しちゃってる。

 

医者「最悪糖尿病というケースも……」

俺・親「「マジ!?!?」」

医者「まだ分からないですけど」

 

そう言って医者はドでかいビーカーみたいなのを出してきた。

 

医者「これに丸1日分の尿採って持ってきてください。それでも蛋白多かったら腎臓に管ブッ刺す検査するんで」

俺・親「「管!!?マジ!?!??!?」」

医者「これはマジ」

 

ていうか待ってよめっちゃ脅すじゃんこの医者。

 

ていうかさ、腎臓に管ブッ刺すってもう軽く手術に片足突っ込んでるよね?

 

俺「突っ込んでるよね!?」

医者「なのでそうなった場合短期入院してもらいます」

 

 

一人お通夜状態

 

帰ってからは絶望だった。

 

トイレ行くたびに

 

「ああ……この検査で引っかかったら腎臓に管刺さるんだ……」

 

とか思いながらビーカーにおしっこしてたし。今までの高校生活の走馬燈流れてくるし。いや死なねーし。ナメんなよ

 

トイレくらい楽しくさせろよなマジで。

 

 ソシャゲのギルドの掲示板にて

 

 当時の俺はよくモバゲーの神撃のバハムートっていうゲームをやってて、ちょうど「聖戦」っていうギルドバトルみたいなイベントが開催されてた。

 

 で、俺は無課金だったけど真面目にやってて、ギルド内で防衛隊長なんてのを任されてた。

 

胃腸炎でぶっ倒れたときも欠かさずやってたんだけど、今度管ブッ刺されるかもとなるとさすがにやる気になれなかった。

 

聖戦の時間になってもログインしてないでいるとリーダーからお呼びがかかってきた。

 

リーダー「参加無理そう?今何してる?」

 

うるせーなおしっこだよ。

 

あのね、今俺はファランクス(防衛隊長のスキル)してる場合じゃねーの。俺の腎臓がファランクスされそうになってんの。

 

なんて言えるわけもなかったので、とりあえずその日は聖戦に参加した。

 

聖戦終わりに掲示板で「病気になったので一週間くらい参加できない」と皆に伝えると攻撃隊長が突っかかってきた。

 

攻「ナメてんの?防衛隊長でしょ?」

 

は?

 

仏の擬人化とまで言われた俺でもキレかけた。

 

ゲーム内のイベントと自分の体調を天秤にかけられたら、さすがの俺でも自分の体調を取る。

 

何て返そうか悩んでたら副リーダーが既にキレてた。

 

副「なんだよオメー。病気なら仕方ねーだろ」

攻「合間縫ってログインすればよくない?」

 

多分攻撃隊長はこの神撃のバハムートに誰よりも真剣だった。だから彼は役職持ちが休むことが許せなかったんだと思う。

 

だからって「ナメてんの?」は言いすぎだと思うけどな!?

 

副「ていうかお前スキルのタイミング下手くそなんだよ」

攻「あ?」

 

気づけば話題は攻撃隊長のスキルの使用タイミングについて、に移っていた。

 

そこから30分間、地獄のレスバトルが始まって結局攻撃隊長はうちのギルドを抜けた。

 

 

 

 

 

俺のおしっこで一つのギルドが崩壊しかけた瞬間だった。

 

 

 

翌日。俺は重い足取りで、病院へと向かうのだった。

 

ぽぽすこ君の検査結果やいかに……coming soon.

 

 

えっ、まだ続くのこれ?